女性の婚活は、40代より実は50代の方が有利!

2019年09月12日(木)

ええ?40代より50代なの?

 

結婚年齢の高齢化や、女性も男性と同じように活躍する社会の実現により、
40歳以上の婚活、いわゆるシニア婚活がもう当たり前になっている昨今です。

 

1歳でも半年でも若い方が「有利」とされる婚活において、

「40代より50代の方が有利?しかも女性で?」
と思われる方も多いでしょう。

 

確かに少しでも若い方が、婚活においては好条件となります。
ですが、実際の婚活の現場を見てみると、はっきり言えるのは、
40歳台の女性が一番苦労します!

 

結婚は少しでも多くの出会いを重ねることで、成功率が上がるのは当たり前のこと。
全体の婚活女性の中で、40歳台の女性の割合が一番多いのです。
理由は当然のことで、何となく仕事や私生活が充実していて人生を謳歌しているうちに、
ついつい「わっ!もうすぐ40代に突入しちゃう!」ということに気づき、
経済的にもゆとりがあるので、婚活スタート!となるわけです。

 

しかも40代女性の希望するお相手は、同年代~年下がほとんどです。
「私は落ち着いた50歳以上の男性がいいわ。」
とおっしゃる40代の女性には、めったにお目にかかりません。

 

そして、その希望する30代後半~40代男性が希望する女性像は、
まず年齢的に35歳以下限定!!です。

ええ?40代女性が婚活で苦労する理由

 

お子さんを持ちたいという事情もありますし、
40代になって同年代の女性を望む男性はほぼほぼいらっしゃいません。

 

 

となると…当然のことながら、40代の婚活女性はチャンスがこない!ということになります。

 

ところが、50歳を過ぎて婚活を始められる女性は、40代に比べて許容量もありますし、
焦燥感もありません。
そのうえ、経済的にも精神的にもしっかりひとりで生活していらっしゃるので、
男性に多くを期待する必要がないのです。
ですが、やっぱりそろそろ気の合う男性と巡り合いたい。ということで婚活をスタートされます。

 

当然、お相手は「年下がいい!」などおっしゃいませんし、それほどスペックにこだわりません。
なによりも、自分と波長があって何でも話せる相手であれば年齢は上でもかまわないし、
出産子育ての心配もないということで、足かせがないんですよね。

 

ですから、仕事ひとすじで50代後半になってしまったという寡黙な男性でも、
たまたま趣味や相性があると、あれよあれよという間に結婚報告をいただくことになります。

 

ですから、40歳台より50歳台がいいというのは、ゴールインする可能性が高いということになります。
だからと言って、40代の方が50代まで待つのもどうかと思います。
40代はいろいろ考えることが多い年代なんですよね。
子供を持つことも視野に入れることができるし、まだまだ若いころの理想を捨てきることができない。

 

そのために、ついつい多くのチャンスを自らの手でつみとってしまうことになるのかもしれません。
40代で婚活疲れに陥っている女性は、少しゆとりと自分自身の理想と現実をいまいちど照らし合わせて、
幅広い婚活を考えてみてはいかがでしょうか。

  |  

過去の記事

Facebook

連盟リンク

NNR

良縁ネット

全国結婚相談事業者連盟

おすすめリンク

結婚相談所の指南書