「駆け引き」は婚活では百害あって一利なし!

2019年07月31日(水)

恋愛にはかかせない「駆け引き」だけど


「恋の駆け引き」は例えば、初対面で出会った男女の間や、
付き合い初めてからの二人には、ある程度必要なものだと思います。

かわいい女性の軽いボディータッチや、甘えるしぐさ。
男性は、どこかでわかっていても決して悪い気はしないもの。
ついついその罠にはまってしまうのですが、
お互いに幸せな気分なので誰も損はしません。



でも!!婚活の場では「駆け引き」はほとんど失敗します。

特に女性は、自然の流れでついつい「駆け引き」をしてしまうもの。

どんなテクニックがあるでしょうか。

意図したボディータッチ
相手からメールが来てもすぐに返してはいけない
お誘いは3回に1回は断らなければいけない
意思を明確にしない(思わせぶり)
ちょっと重めの悩みを打ち明ける

若い二人ならこんな「駆け引き」も恋愛のかくし味になるかもしれません。
また、バーで知り合って、ワンナイトを楽しみたい二人なら素敵なエッセンスになり得ます。

婚活と恋愛の違い

 

相談所に入って婚活をされている男性女性は、
20代などの若い世代はほとんどいないといってもいいでしょう。
コアな年代が、40代前後あたりの大人が普通です。

しかも、婚活では初回のお見合がすべての運命を握ると言っても過言ではありません。
たとえ継続してお付き合いをすることになったとしても、
やっぱり普通の恋愛とは少し事情が違います。

 

普通の恋愛では、ある程度お付き合いをしてから
「結婚」というゴールを意識し始めるわけですが、
相談所を通じた婚活の場合は、もう初めてのお見合いの時点で、
「結婚」を見据えているわけです。

 

もちろんお見合から始まった関係でも、結婚までの間には
「恋愛」というプロセスがあるわけですが、
その時はすでに駆け引きなどが存在する必要も余地もない「恋愛」の過程に入っています。

ですから、変な駆け引きは何の効果もないばかりか、
邪魔になりせっかくのご縁をぶち壊してしまうことになるのです。

婚活で駆け引きは絶対ダメ!自然が一番

 



初対面の時はだいたいカフェで対面に座りお話から始めるわけですが、
シチュエーションによっては隣り合って座る場合もないとはいえません。

そんな時、いつもの癖でついつい相手の男性の身体に触れて親密感を表現しようとしてみたり、
『あなたには特別打ち明けるけど』の乗りで、ちょっと重めの打ち明け話をしてみたり…
また、継続して会うことになったとしても、ラインの返事をわざと遅らせてみたり、
誘いを1回目は意味もなく断ってみたり…

 

こういう見え透いた駆け引きは、もう40代にもなろうかという男性女性には
不快以外のなにものでもありません。


まして、「結婚」というフィルターを通して見ている相手が、
そんな駆け引きをしてきたら、おそらくその後はないと思われます。

とにかく、正直にありのままの自然な自分を相手に知ってもらうことが、
最も効果的な婚活の成功に至るコツだと思うのです。

  |  

過去の記事

Facebook

連盟リンク

NNR

良縁ネット

全国結婚相談事業者連盟

おすすめリンク

結婚相談所の指南書