【実録】シンママの幸せな再婚レポート

2018年11月19日(月)

シンママの再婚はそんなに難しい?

日本では3組に1組が離婚すると言われています。
ということは、婚姻年齢の3人に1人は「再婚」ということになり、
シンママの割合は、2015年の統計で110万人を突破しています。

最近は、未婚のシンママが増えている傾向にありますが、やっぱり
8割近くが離別によるシンママで、最多年齢層は40歳代前半になっています。

前回の「41歳シンママの多難な婚活物語」 でお話したように、
自分の子供を作るよりも子供がいる女性を求める男性も
いらっしゃいますが、
やっぱりそれは少数派といわざるを得ません。

ではやっぱりシンママの婚活は難しいのでしょうか?

チャンスには誰にでもある!

この間ちょっとうれしいお話を聞いたのでご紹介します。
間接的に知り合った40代半ばの女性ですが、明るくて屈託のない素敵な女性です。

若くして離婚されて、女手一人で息子さんを育ててこられました。
総合職としてキャリアを積み、バリバリお仕事をされてたんですが、
息子さんが大学に入学する前に、知人の紹介である男性と知り合い、3か月ほどで結婚されました。男性は芸術家で奥さんを亡くして数年。とても穏やかな方です。

彼女は迷わず仕事を辞め、息子さんも家を出たこともあり思い切って、住まいを売り払い
結婚したご主人と二人で、キャンピングカーを買って、全国を旅行していらっしゃいます。

今は、南の島で楽しく暮らしていると便りをいただきました。
こういう出会いって「運命」ね~と言う人もいるんですが、
私は誰でも、そういうチャンスって訪れるときは訪れると思っています。
ただ気づいてつかむかどうかだけ。

婚活にはプラス思考がとっても大事です。
なんとなく自信がなくて後ろ向きな雰囲気では、せっかく縁あって出会ったお相手にも
そんなイメージが伝わってしまうもの。いつも前向きで、訪れるチャンスをつかみましょうね!

Line@の登録をお願いします

イベントやパーティーのご案内をLine@で配信しています。
この機会にぜひお友達申請をお願いします。

 

  |