女性の前だと緊張してしゃべれない男性の自己イメージ改善法とは?

2019年03月05日(火)

女性を前にすると緊張しちゃう理由


先日、うちの女性会員さんから聞いた話です。
彼女は、写真を見るとダンディーで年収も高い素敵な男性からお申込みを受け、
意気揚々とOKして初デートをしました。その直後です。

「見た目は申し分ないのに、なんだかおどおどして目線も合わないし、
結構ぶしつけな質問を矢継ぎ早に浴びせかけてこられて、
まるで尋問受けてるみたいで怖かった」という感想でした。

もちろん、彼女の方から二度目のデートを承諾することはありませんでした。

特に男性にこういうタイプの方が多くみられます。
男性自身にもそうだし、女性にもなんとなく「デートも会話もリードするのが男性の役割」みたいな固定観念があるので、特に男性は荷が重いのかもしれません。

上記の男性のように、話題提供を焦るばかりに、デリカシーのない質問を浴びせかけるタイプもあれば、逆に全く話ができず、仕方なく女性が話かけても、「はい…いいえ」みたいな、まったく広がらない受け答えしかできないタイプもあります。全く逆に見えますが、実は根は同じなんです。

初対面の女性なのに、緊張でカチカチになって話せないのは、
自分に自信がないことが一番の要因です。
では、女性慣れして話題豊富な男性に比べて、劣っているんでしょうか。
決してそうではありません。実はそんなことは関係ないんです。

緊張しちゃう男性は「自己イメージ」が低い

自己イメージ。セルフイメージともいわれます。
読んで字のごとく、自分に対して自分が持つイメージです。
こういうタイプの男性は、いつも心の中で「自分なんてだめだ。女性にもてるはずがない。何を話しても面白い話題を提供することなんかできない…etc」

自己イメージの低い人は、自分に自信がないので良くみせようと高慢だったり攻撃的だったりしてしまう傾向もあります。

人は自覚してはいませんが、常時、心の中でいろんなつぶやきをしています。
例えば仕事で何か失敗をしたとき…瞬時に心の中であなたは何をつぶやいているか観察してみてください。『ああやっちゃった!俺ってなんてダメなんだ』みたいなマイナス色まんまんのつぶやきをしていませんか?こういうのは習慣になってしまいやすいんです。

自己イメージの高い人は、いつも周囲に人が集まってきて成功する人が多く見られるそうです。
自己イメージの高さは自信に直結し、逆に低い人はおのずから自信のなさが定着してしまいます。
ですから、いつも自分のつぶやきを確かめておく習慣をつけてみましょう。

最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れるとつぶやきを確認するのは簡単になってきます。
もし、否定的なつぶやきが多いなら、意識的に肯定的な表現に変えてみましょう。
自己イメージの低さが習慣になってしまったように、高い自己イメージも習慣によって作られていきます。それは自分に対する自信を向上させてくれることに間違いありません。

女性はどんな男性に好感を持つでしょうか?


あなたと違って、よどみなく話題を次々に提供してくれる人?
それもちょっと違います。友達としてなら楽しいのは間違いないんですが、彼や夫として考えるなら、ちょと女性慣れしすぎてないかしら?と警戒心を持ちます。

不倫騒ぎで大騒ぎになったミュージシャンの、ゲスの●●さんは、わざと女性慣れしていない男性を演じて、女性モテを狙うという話を聞いたことがあります。

つまり、女性慣れしていないけれど過度に緊張しない、自然で自分らしいふるまいの男性に好感を持つということです。それには、自分に信頼と自信を持っていて、極度に自分を大きく見せる必要がないので、相手を気遣う余裕が生まれ、必然的に理想的な会話や振る舞いができるようになるというわけです。

ついつい女性の前で緊張してしまう男性も、普段からのこういう小さな努力の積み重ねと、習慣の変革によって、簡単に自分を変えることができることを知っていただきたいです。そして、自分らしい婚活を再スタートさせてくださいね。

 

Line@の登録をお願いします

イベントやパーティーのご案内をLine@で配信しています。

この機会にぜひお友達申請をお願いします。


  |